【診療回顧録】ちょうど4年前の今頃、とても苦労した症例です。

2022.01.27.22:08

 「数日前から急に咳をするようになり、食事もいつもの半分くらいしか食べなくなった。」とのことで9歳になるオスのミニチュアピンシェルが来院しました。

 初診時、40℃の高熱があり血液検査で白血球(好中球)の増加が認められたため胸部Ⅹ線検査を行ったところ右葉の気管支肺炎を起こしていることがわかりました。抗生剤を中心とした治療を行ったにもかかわらず、10日後の再診では元気食欲が改善されるどころか、喉に痰が絡んだような咳が多くなり、口の中が痛いのか突然悲鳴をあげるようになったとのことでした。

 そこで全身麻酔下で口腔内を精査したところなんと舌根部に糸が絡まりくい込んでいるではありませんか。左右の舌根部は糸によって深くえぐられ哆開し、真っ赤に炎症を起こしていました。糸の先端は胃の中まで入り込んでいたので、切らないように慎重に引っ張り出すと、先にはかじって食べたと思われる草が絡んで出てきました。これでは舌根部に絡まった糸は取れずにどんどんとくい込んでいく訳です。 問題となった糸は摘出し、哆開した左右の舌根部は吸収糸で縫合し手術を終了いたしました。

 翌日より元気食欲も元に戻り、本犬も飼い主様も大喜びですが、糸が原因だったとはまったくの想定外でした。当初の肺炎像は咽喉頭部の働きがうまくいかず、誤嚥性の肺炎を起こしたものと推定しました。

 もう何十年も前の話になりますが、胸を触ると痛がって悲鳴を上げるという犬のことを思い出しました。飲み込んだ(おそらく肉と一緒に)焼き鳥の串が胃壁を突き破って横隔膜さらには肺を貫通し、肋間の筋肉も突き破り胸の皮下に飛び出してきたという驚くような症例でした。

26991879_1146730972128510_4985536231213674926_n.jpg 27067210_1146731118795162_7218837567190781165_n.jpg 27336412_1146731245461816_4718712890014005710_n.jpg 27067096_1146731288795145_4647791975493593410_n.jpg 26994242_1146730785461862_7875776815532594690_n.jpg   

犬の腸閉塞のお話

2022.01.09.15:45

「3日前から食欲不振。昨日から嘔吐・下痢が始まりだんだんと元気がなくなってきた。」ということで15歳になるオスのコルギーが夕方来院しました。1週間前にゴミあさりをしてボールペンのキャップ、接着剤、目薬を容器ごと食べてしまったが、2日後には便に排出され元気食欲もあったとのことでした。

腸閉塞を疑いX線検査及び超音波検査を行いましたが、画像上には異物を写し出すことはできませんでした。

長年の勘も含め総合的な判断により、やはり異物による腸閉塞の疑いが強かったため、試験的開腹手術をお勧めしました。

飼い主様「決心がつかないので一日様子を見てもいいですか。」

間髪を入れず、私「もし腸閉塞だったらすぐに手術をしないと死ぬよ!」

この言葉で深夜の緊急手術となりました。

予感は的中!小腸中央部で3センチ不整形の薄い木片が腸壁に食い込み、局所は壊死し穿孔しかかっていました。壊死部を大きく切除縫合し手術を終了しました。

術後はみるみるうちに回復し、4日後には元気に退院しました。
新upDSC05009 新PC183293

ジャンガリアンハムスターの頬袋の反転突出

2021.12.01.16:09

 2歳と4ヶ月になるメスのジャンガリアンハムスターが、口から赤い物がぶら下がっているとのことで来院しました。
 頬袋の反転突出です。異物や細菌感染、腫瘍が原因とされています。
組織の壊死は認められなかったため、高張ブドウ糖液にて腫脹を軽減させて還納させました。さらに再脱出を防ぐために全身麻酔下で入り口を7-0ナイロン糸で3カ所縫合しました。
 10日目に縫合糸により組織が切れたために再脱出。
突出した頬袋を根元から切除し、創面を縫合する術式で再手術を行いました。経過は順調で2ヶ月経った現在でも再脱出は見られません。
左右の眼瞼炎が重度なために、現在眼軟膏を塗布し治療中です。

syouPA083169.jpg 小PA083172 小PB203250小PB203253

卵詰まりの状態で、何日も症状の悪化がみられなかったオキナインコ Part2

2021.09.26.08:27

 翌々日になっても産卵をしないとのことだったので、急遽来院していただきました。
カルシウム剤の注射によりようやく陣痛が始まりましたが、産道が開かないため卵は下方に降りて来られず。難産状態に陥ってしまったため、全身麻酔下で卵摘出手術に踏み切りました。
 卵管口から卵殻に穴を開け、内容物を吸引した後卵殻を摘出しようと試みましたが、卵殻は卵管の粘膜と強く癒着し容易には出て来ません。手探り状態で剥がしながら破片が残らないように慎重に摘出しました。
長時間に及びましたが手術は無事終了しました。
【考察】卵が粘膜に癒着していたことから、何日も前に卵は形成されていたと推測されます。
カルシウム不足のため大型卵で軟卵が形成され、産卵ができないまま陣痛も止まってしまったようです。運良く難産の兆候を示さないまま経過したものと考えられます。

1.術後チャンバー内で保温と酸素吸入を行ない覚醒させているところです。
 随分としっかりしてきました。
2.卵の内容物と取り出した卵の破片
upP9193112.jpg upP9193103.jpg

卵詰まりの状態で何日も症状の悪化がみられなかったオキナインコ   Part1

2021.09.25.19:00

 「元気食欲は良好だが、便が軟らかくなり排泄口周りがひどく汚れる。」とのことで5歳になるメスのオキナインコが来院しました。
 腹部に腫大した固い物を触れたのでX線検査を行ったところ、31mm×21mm径のやや大型の卵殻を確認しました。今まで一度も産卵をしたことはなかったとのことです。
産道は開いておらず、いつ卵が形成されたかもわからなかったため、カルシウム剤とビタミン剤を投薬して様子をみていただくことにしました。
upP9233121.jpg

カナリアの足環による絞扼

2021.07.20.11:26

 2週間前から右脚を痛がるようになり、跛行がひどくなってきたということで、4歳のオスのカナリアが来院しました。
 足環の上下で脚は腫脹し、化膿出血を起こしていました。1週間前に指が1本折れてしまったとのこと。血行障害により壊死を起しミイラ化したものと推察しました。
直ちに全身麻酔下で、マイクロエンジンを使用して足環を極細ドリルで切断、摘出いたしました。
1週間後には脚の上下の腫脹・化膿は軽減し、跛行も目立たなくなりました。
 足環の入っている小鳥は気をつけてあげてください。
新P7082942 新P7082937 新P7162960新P7162962   

犬の熱中症に注意!

2021.07.07.10:33

 犬は人以上に高温多湿に弱く、人が暑いと感じない季節にも熱中症を起こすことがあります。梅雨が明け真夏になると、どこのご家庭でもクーラーが入るので心配は少なくはなりますが、犬にとって快適な室温は、私達がちょっと寒いなって感じるくらいでちょうどいいようです。
 特に呼吸のしづらいフレンチブルドッグやパグなどの短頭種、高齢犬、肥満犬、心臓病を持つ犬の場合などは体温調節がうまくいきませんので注意が必要です。それから旅行やドライブなどの車での移動時には興奮しやすく熱中症を起こしやすいので注意が必要です。
 猫、ハムスター、ウサギ、モルモットは基本的に私達と同じ室温で問題ありません。セキセイインコはオーストラリア産なので暑さには強いはずですが、日本の高温多湿には耐えきれずに熱中症を起こすことがあります。環境温度が28~30℃になるように設定してあげてください。ただし直接風は当ててはいけません。
20180717124705fe6_20200712154115774_20210707103055d45.jpgdog_20200712154303c95_20210707103312b76.jpg

アニサキス

2021.05.19.14:14

最近何かとよく話題になっている「アニサキス」。釣り人にとっては常識の寄生虫ですが、ここでもう一度勉強をし直してみました。
 アニサキスは海洋ほ乳類のクジラやイルカの胃腸内に寄生する回虫の幼虫のことで
 す。
 クジラやイルカの糞と共に排泄された回虫卵はオキアミというプランクトンに食べられます。そのオキアミの中で卵はふ化し第三期幼虫まで成長。
 そのオキアミを餌としてサバ、イカ、シャケ、イワシ、サンマなどの魚が捕食しますが、これら魚類の体内では成長できず、第三期幼虫のまま消化管を含む内臓内に寄生し、終宿主であるクジラやイルカに捕食されるのを待っています。クジラやイルカに捕食されて初めて成虫(回虫)になれるのです。
 不思議な自然界ですが、これを寄生虫の生活環と言います。大学時代寄生虫学ではこの生活環をよく覚えさせられました。
 ところでこのオキアミですが、アジやマダイの釣り餌としてよく使われますが、プランクトンだとは知りませんでした。今までずっとエビの仲間だと思い込んでいました(汗)
 アニサキス(第三期幼虫)の多くは魚介類の内臓部分に寄生していますが、不思議なことに魚が死んで時間が経つに連れて内臓部分から筋肉内へと移行します。この魚を人が生で食べることによりアニサキス症と言われる激痛を起こすことになります。人の胃内は強酸性のためアニサキスは苦しくなり時として胃壁に噛みついたり突き刺したりするという訳です。でもアニサキスは傷つくとすぐに死んでしまいますし、胃内でも数日しか生きられませんので、摂取したとしてもこういったことがなく無症状で終わっているケースがほとんどのようです。
 魚の中でも特にサバは傷みが早い上に寿司やしめさばで食べられる機会が多いため、アニサキス症の発生が多いのもうなずけますね。まとめると釣った魚はできるだけ早く内臓を取り除く、イカの刺身は縦にスリットを入れる、釣った魚の刺身は薄造りにする、刺身はよく噛んで食べる(笑)、4~5日以上冷凍した後に刺身にするなどの方法によりアニサキス症の予防はできそうです。
 では犬や猫でのアニサキス症はどうかというと、僕自身日々の診療で一度も経験したことがないし、報告を受けたこともありません。でも漁港内や釣り場近くの野良猫達の間では日常茶飯事に発生していることかも知れません。近い将来「苦しがる猫の胃壁から内視鏡でアニサキスを○匹摘出!」なんていう論文を目にすることがあるかもですね。

18519563_991920004276275_4646321648178779777_n.jpg18519794_991332387668370_4367255037888627648_n.jpg18556313_991332291001713_2105377285775907479_n.jpg

モルモットの膀胱結石で緊急手術を行いました

2021.03.20.22:39

 2021年3月17日 「前日より尿が出ないで苦しんでいる。時々悲鳴のような声を出して鳴く。動きが悪く食欲もない。」ということで、5歳になるオスのモルモットのマルちゃんが来院しました。
 レントゲン検査の結果、膀胱から尿道移行部で5mm径の膀胱結石が閉塞していることがわかりました。膀胱へ結石を戻し全身状態がよくなってからの摘出手術を考えましたが、粘膜に強く食い込んでいて膀胱に戻すことができなかったため、緊急手術を行いました。膀胱は尿閉のために膨満し、暗赤色に変色し、一部穿孔しかかっていました。
 体温の低下や重度の血尿、疼痛を伴い、かなりリスクの高い手術となりましたが、本日3日目。元気も食欲も戻ってきたのでもう大丈夫です。マルちゃん!よく頑張りました!
中村マルP3202750 中村マルP3202743 中村マルP3192741

ご注意ください!犬のブドウ中毒! 

2020.10.15.11:21

 写真は犬に与えてはいけない食べ物です。

タマネギ中毒とチョコレート中毒はすっかり定着しましたが、意外と知られていないのがブドウ中毒!生後6ヶ月のミニチュアダックスが飼い主の捨てたブドウの皮を食べ、急性腎不全で亡くなりました。1kgの犬がブドウを3g食べただけで危険です。

犬を飼われている方はくれぐれもご注意を!干しぶどうもダメです!

1959431_520100861458194_5042839209249173720_n.jpg 

訪問者数

プロフィール

院長 黒田佳之

Author:院長 黒田佳之
東京ラブリー動物病院のラブリー診療日誌へようこそ~♪

診療科目:犬/猫/小鳥/うさぎ/ハムスター/モルモット
診療時間:AM9:00~12:00 PM1:30~6:30(午後予約制)
休診日 :月曜日
☎03-3995-5351
東京都練馬区下石神井1-18-18
ペットホテル・ペット美容室も併設しています。
|練馬区|動物病院|

最新記事
リンク